クロスボール コツ 城彰二 サッカー上達 DVD FW MF ゴールからの逆襲

クロスボールのコツ

クロスボールをゴールの枠にシュートが決められないという悩みはありませんか?
どれだけ威力のある強いシュートを打っても、ミートが上手く出来なかったり、枠外に外れてしまっては意味がありませんよね。

 

 

その為、まずはクロスボールをしっかりミートし、ゴールの枠内に入れられるようにならなければいけません。
それにはシュートテクニックはもちろんですが、蹴る前の体の向きが大事になってきます。

 

 

そんなシュートを決めるクロスボールのコツは、ボールが来た方向に体を向けるのではなく、ゴールの方向に体を向けることです。
そうすることで、シュートのコントロールが良くなるのです。

 

 

したがって、クロスボールが来たらなるべく体をゴール方向に開いてボールを迎えるようにすれば、ボールをミートする時に体と足の面がおのずとゴールに向くので、枠内にシュートを入れやすくなるわけです。
何より、キーパーのポジショニングだったり、どのコースを狙えばいいのかか確認しやすいでしょう。

 

 

ですが、逆にクロースボールが来る方向に真っ直ぐに体を向けてしまうと、ゴールに対して体を横に向けたままシュートにするようになり、それだけ枠内に入れづらくなります。
また、体の向きからニアサイドに打つことがゴールキーパーに読まれてしまい、結果的にキッウをミスしたり、空振りも起こしやすくなってしまうのです。

 

 

このようにクロスボールをシュートする際には、ゴールの確率を大きく上げる鉄則があるのです。

 

 

なお、クロスからのゴールの殆どがワンタッチシュートからで、トラップで一度止めて体勢を整えて打つよりも、GKやDFが整わない打ちに打った方が決まりやすいです。
ボールを体の前までしっかりと引きつけ、内側に蹴り足を折り畳むような感じでミートしましょう。

 

 

ただ、最初からコースを狙い過ぎると、枠を外す確率が高くなってしまうので、まずはクロスボールを枠内にシュートが高確率で入るようになってきてから、コースを狙っていくように練習いていくと良いでしょう。

 

 

この城彰二のサッカー上達DVD ゴールからの逆襲(逆算)では、クロスボールの決定率は飛躍的に伸ばす鉄則やコツが学べるのはもちろん、自分の動きひとつで、ゴールキーパーが反応する方向が分かるなど、あなたがボールを蹴るべき方法も解説してあるので、段階を踏んで取り組むことで、ピンポイントのクロスが格段に入るようになり、チームのエースストライカーになれるでしょう。

 

ゴール前でクロスボールが上がった時、思わずキーパーが反応してしまう方向とは?

 

城彰二のサッカー上達DVDの詳細を見てみる