ストライカー ポストプレー FW上達のコツ 城彰二 サッカー上達 DVD FW MF ゴールからの逆襲

ストライカーに必要なポストプレーの動き

ストライカーであるフォワードなら、前線でボールを受けるポストプレーの動きが上手くできないと得点には結びつきませんね。

 

 

ポストプレーとはご存じのように、相手ゴール前に位置する選手がパスを味方から受け、そこを起点にして得点を狙うプレーです。
当然、相手ディフェンダーの密着したマークがついているので、味方からパスを受ける時には、いかに相手との距離を作るかを考えなければいけません。

 

 

その為には、密着してマークしてくるディフェンダーに体を預けて、相手の動きを止めた瞬間にボールに近づくというチエックの動きをすることが必要です。
このようにしないと味方からパスう受けた瞬間に、ディフェンダーが体を寄せてくるので、バランスを崩してしまいパスを上手く受けることが出来ないようになってしまいます。

 

 

その為、ボールを受ける前に自分から体を相手に当てに行くことで、主導権を握ることが出来るのです。
そして、ボールは相手から遠い足でキープして、ボールと相手との間に体を入れながら、周囲を把握しながら、ボールを自在に動かせる体勢を作ることが大切です。

 

 

また、この時の体を相手に預けるチエックの動きは、出来るだけ大きく行い、その後に素早くボール方向に動いてマークを外すことがコツです。
そして、前線でディフェンダーを背負う時は、半身の構えが基本になります。

 

 

このような場合の一連のポストプレーの動きとしては、相手を突き離す為に一度ディフェンダーの方に重心を大きく移動させて体を相手に預けて、相手の動きを止めた瞬間にすかさずボールの方に寄れば相手を振り切ることが出来ます。

 

 

いずれにしても、ストライカーには、ディフェンダーが2人で挟みにくることも多いので、そうした場合にいかにかわして、シュートに持っていくかなど、様々な状況でも切り抜けられるようにアイデアを出し、考えながら練習をしていくことが大切でしょう。

 

 

プロで培ったテクニック・思考・練習方法をお教えします!

 

城彰二のサッカー上達DVDの詳細を見てみる