マークの外し方 コツ 城彰二 サッカー上達 DVD FW MF ゴールからの逆襲

マークの外し方

相手のマークを外すことが上手く出来ていますか?
フォワード(ストライカー)なら、前線では良いポジションでパスをもらいシュートに持ち込むことを考える必要がありますね。

 

 

その為には、まず自分いについている相手ディフェンダーのマークを外すさなければいけません。
そこで重要になってくるのが、相手の裏をかき、タイミング良くボールを動かして、相手が触れられない位置にボールを持っていくマークの外し方です。

 

 

相手ディフェンダーは重心を落として、こちらの動きに合わせられる体勢を常にとっているので、これを上手く利用するのがコツです。

 

 

マークの外す動きは、まずバランスを崩さないくらいに大きく構え、ボールを隠すようにディフェンダーの懐に体を入れるようにします。このような体の使い方をすれば相手は何もすることが出来なくなり、主導権が握ることが出来るんですね。

 

 

そして、ボールをキープしてコントロールする時は、緩急のついたフェイントをかけるようににすることで、マークを外すことが出来るようになります。
また、ボールをキープしている間は腕を使うことが大切です。腕を伸ばせば、それだけ相手との距離が保てるようになるからです。

 

 

この時に相手に背を向けて背後が見えなくても、相手に手が触れているようにしておけば、相手の動きなども感じ取れるようになるんですね。
そして、相手を振り切るマークの外し方は、ディフェンダーが前に出てこられないように半身の体勢で相手をブロックします。
この時にディフェンダーにボールのありかを分からせないように、ボールを持つのがポイントです。

 

 

次に相手の裏をかくためにフェイントをかけていきます。右足を大きく踏み出してディフェンダーのを惑わし、重心を落として素早く動きます。
方向を変えると同時にボールを正確にタッチして左側に向かい、素早く突破します。

 

 

この時に右足を大きく踏み出す大きなフェイントをかけることと、スピーディな動きをすることで相手の裏をかけば、マークを外すことが出来ます。
いずれにしても、前線では良いポジションに動いた選手にパスを出したり、その動きを利用して、自分で相手のマークを外してシュートに持ち込むことができないと、チームから信頼されるストライカーとは言えないでしょう。

 

 

プロで培ったテクニック・思考・練習方法をお教えします!

延べ3.000人以上が結果を出してきた方法

 

城彰二のサッカー上達DVDの詳細を見てみる