ストライカー ボールを受ける動き 城彰二 サッカー上達 DVD FW MF ゴールからの逆襲

ストライカーのボールを受ける動き

ボールを受ける動きが上手く出来ていますか?
スロライカー(フォワード)は、シュート前のボールを受ける動きが大切になってきますね。

 

 

当然、相手ディフェンダーはストライカーをフリーにさせないようにしてくるので、そのしっこいマークを外さなければシュートを打つことが出来ません。

 

 

その為、基本的には相手とボールを同時に見ることが出来る位置にポジションを狙います。
相手ディフェンダーから2、3mくらいは離れところの位置にいれば、パスを受けた時に余裕を持って、次のプレーに移れます。

 

 

この時に相手から離れていて、前を向いて味方からパスを受けた状態が最も余裕を持ってシュートにいけますが、その為には、ボールに一度近づくフリをするフェイントを入れて、相手の動きを引きつけてから動き出すようにすると良いですね。

 

 

味方のパスとのタイミングが上手く合えば決定的なシュートチャンスになります。
また、ゴールから遠ざかるように一度下がって相手との距離をとるようにして、相手の裏のスペースを作り、そこへスルーパスを通すようにするボールを受ける動きも効果的です。

 

 

やり方としては、一度相手ディフェンダーに向かうしぐさをしておいて、円を描くように回り込むようにターンをしてボール(スルーパス)を受けるようにするのです。
このようにすれば、オフサイド対策にもなりますし、パスを受けた時にスピードに乗りながらシュートに持って行くことが出来ますね。

 

 

ただ、フェイントやターンをしてストライカーがどんな良いボールを受ける動きをしたとしても、パスのタイミングが遅れたりしてしまうと上手くいきません。
パスを出す味方の選手との意思疎通が合ってこそ始めて成功するのです。

 

 

したがって、自分のタイミングで勝手い動くのではなく、常に味方のパスを出す選手の視線などを確認しながら動くようにすることが大切です。

 

 

この城彰二のサッカー上達DVD ゴールからの逆襲(逆算)では、ディフェンスを振り切るターンの仕方はもちろん、味方からのボールを受ける際、ある動きからディフェンダーを引き付け意図した方向にキーパーを寄せ、ガラ空きになったサイドを狙う方法も学べます。

例え、シュートが決まらなくても、味方がつめているので、得点の確率はグッと高くなるでしょう。

 

キーパー、ディフェンダーを自在にひきつけるボールの受け方をお教えします!

 

城彰二のサッカー上達DVDの詳細を見てみる