シュートコースを読まれる 城彰二 サッカー上達 DVD FW MF ゴールからの逆襲

シュートコースを読まれてしまう

キーパーにシュートコースを読まれてしまうということはありませんか?
サッカーでありがちな失敗に、ゴールチャンスをディフェンダーにシュートブロックされてしまうことですね。

 

 

また、DFにマークされているのにむやみにシュートを打っても、キーパに簡単にコースを読まれて奪われたりすることは良くあります。
ゴール前ではフリーで打てる状況は殆どなく、死に物狂いでボールを奪いにきたり、体を投げ出してシュートブロックしてきます。

 

 

当然、ゴール前でDFと1対1の場面で、シュートを狙うには相手を抜く必要がありますが、突破するだけに時間をかけることは出来ません。
その為、ここで大事なのは自分がシュートを狙う為のコースを作り出す動きをすればよく、完全に抜く必要はないのです。

 

 

要は、軸足で踏み込んでキックするだけのスペースを作ればいいわけです。
それには、動きながらフェイントをかけてワンステップ分だけ相手をかわすようにするのです。
そうすれば、シュートブロックもされることなくゴールを狙え、キーパーにコースを読まれてしまうこともありません。

 

 

ただ、この時には素早い動作が必要になり、コンパクトな膝下の鋭い振りで蹴るようにすることがポイントです。
そうすれば一流のプロサッカー選手のようなキレのある伸びる球筋のシュートを決めることが出来るでしょう。

 

 

なお、ストライカーである限りは、常にゴールを狙わなくてはならないので、この城彰二のサッカー上達DVD ゴールからの逆襲(逆算)では、どうやって、どのタイミングで蹴るのか?これを知っているのと知らないのとでは、決定力に雲泥の差が出るでしょう。

 

常にゴールを狙うため考え方をお教えします!

 

城彰二のサッカー上達DVDの詳細を見てみる