シュート前のボールを受ける動き

シュート前のボールを受ける動き

サッカーのストライカーであるフォワードがゴールを決めるには、シュート前のボールを受ける動きが大切。
と言うのも、相手ディフェンダーは、ストライカーを自由に動けないようにするのが役割だからです。

 

 

まずは、そのしっこいDFのマークを外すことが必要になってきますね。
ポストプレーのように、ゴールに背を向けて意図的にマークを背負う状況以外は、ボールと相手を一緒にみれるポジションをとることが大切です。

 

 

出来れば、相手と3メートル前後の間合いがあるのが理想です。
そうすれば、味方からパスを受けた時に余裕を持って次のプレーが出来るからです。

 

 

この時に、最もシュートに持ちこみやすいのは、DFから離れて前を向いてパスを受けた時です。
その状態を作るには、一度ボールに近づくようなフェイントを入れて、相手を誘ってから動き出せば、スペースを作ることができ、そこに味方からタイミングがバッチリ会ったパスがくれば、決定的なシュートチャンスになります。

 

 

例えば、一度ディフェンダーに向かう仕草を見せておいてから、円を描くように回り込んでボールを受ければ、オフサイドを防げますし、ボールを受けた時にもスピードに乗ってシュートに持ちこむことが出来ます。

 

 

ただ、自分勝手に動き出してもタイミングが合わないので、パスを出す選手との意志疎通をはかる意味でも、常に味方の視線の状況を確認しておくことがポイントです。
なお、相手との距離が近ければ、1回で前を向けるパスのコントロールが必要になります。

 

 

キーパー、ディフェンダーを自在にひきつけるボールの受け方をお教えします!

 

城彰二のサッカー上達DVDの詳細を見てみる