クロスボール ボレーシュート コツ 城彰二 サッカー上達 DVD FW MF ゴールからの逆襲

クロスボールをボレーシュートで決めるコツ

サッカーの試合で、クロスボールをボレーシュートで決めることが出来ますか?
タッチライン際、30mくらいの距離から上がってくるクロスボールをダイレクトで打つのは非常に難しいものですね。

 

 

それでなくても、少し前に飛んで来たり、後ろに下がりながら蹴ることも多いので精度も悪くなります。
その上、相手ディフェンダーがいる中で的確にクロスに合わせてゴールを決めないといけないのです。

 

 

そんなボレーシュートで一番多い失敗は、強く蹴ろうとするあまり足の振りが大きくなって空振りしてしまうことでしょう。
浮いて飛んでくるボールを、フルスイングで蹴るのはプロでさえ難しいので、ボールを足に当てるインパクトの部分を直さないといけません。

 

 

実はボレーは振り切る必要はなく、勢いのあるクロスボールが飛んできたら、インサイドの足の面に正しく当てるだけでパワーのあるボールが飛びます。
ですので、振りの小さいスイングがポイントです。

 

 

インパクトの瞬間に強くキックするよりも、ゴール方向に足を向けて慌てずにヒットポイントに的確にミートすることを意識しましょう。
この時には、出来るだけボールを体に引きつけた状態から下半身をコンパクトにしなやかにスイングするのが、クロスボールをボレーシュートで決めるコツです。

 

 

なお、コンパクトにスイングするには、飛んでくるクロスボールの高さに合わせて上体を寝かすことが必要です。

 

 

ボレーシュートをいとも簡単に決める秘訣をお教えします!

 

城彰二のサッカー上達DVDの詳細を見てみる